モロケン/旅のYouTuber

旅×キャンプ

【バイク】トップケースやパニアケースにソーラーパネルを付ける【車中泊】

 

日本一周や海外ツーリングなど長期の旅になった時に問題になるのが電源の問題

 

人によっては

スマホ、Gopro、一眼レフ、パソコン....などなど

多くの電源が必要になってくると思います。

 

そこで次回の長期海外ツーリングではトップケースにソーラーパネル

付けようかと思っている。

 

今回海外の方が実践していたのでご紹介します。

パニアケース トップケース ソーラー

こんな感じ

 

 

大体のソーラーパネルにはパネルの裏に四角いものがついていますので

ケースにベタ付けすることのできるパネルは少ないと思います。

よってパネルとケースの間に隙間が必要になると思います。

パネル裏の四角いケースの厚さや周りを囲っている枠により取付方法はまちまちですが

 

ソーラーパネル 取付 バイク パニアケース 車

こんな感じ

この画像ではゴムを利用していますがゴムだろうが木材だろうが何でも構わないと思います。

 

ソーラーパネル取付 横から

横から見た

 

ソーラーパネル取付 ケース 裏 箱 ボックス BOX バッテリー

ケース内部 ケースの蓋の裏側にコントローラーを付けている

 

ソーラーパネル バイク パニア トップ ケース

バイクに取り付けてみる

 

この方は10Wのソーラーパネルで4.6Ahのバッテリーを充電しているそうです。

Solar Panel on Top Box? | Adventure Rider

 

見た感じ10Wのパネルに対してパネルの大きさが大きすぎなような気がします(笑)

日本で同じような事をするのであれば

Suaoki 50Wソーラーパネル

がお勧めです。 こちらのパネルはフレキシブルで曲げられるので平たいケースでなくてもある程度融通が利くと思います、またパネル裏に四角いケースがない?のも便利な点です。

ただし大きさがかなり大きいです。Giviの58Lのトップケースでもはみ出てしまうので

ある程度工夫が必要になります。

 

W数を小さくすればたくさんのパネルがありますが、その程度のW数なら付けないでもいいや...ということになるのでなるべくW数が大きいもので選ぶと

 ソーラーパネル 30w 12v MOHOO 太陽光パネル 太陽光発電パネル Sunpower 曲げ セミフレキシブル 超薄型 チャージャー ワニ口クリップ 付き

 suaoki ソーラーパネル ソーラーチャージャー 18W DC18V出力 高効率 超薄型 ポータブル 防水 ソーラー充電 自動車 オートバイ トラクターなど バッテリーへの補充電

 このあたりの商品になってくると思います。

 

特にsuaokiのソーラーパネルでしたらsuaoki製のバッテリーに直接充電できるので

ソーラーパネル→コントローラー→バッテリー→コンバーター→USBやAC

という流れを

ソーラーパネルリチウムイオンバッテリー→USBやAC

とかなり簡潔にすることができます。

 

バイクに積むのであれば↓

suaoki 20000mAh ポータブル電源 リチウムイオン電池 家庭用蓄電池 太陽光も対応 正弦波 防災グッズ 停電時に 【日本語取扱説明書対応】【12ヶ月保証付き】

 

 

大型のものであれば↓

suaoki ポータブル電源 大容量120000mAh / 400Wh 三つの充電方法 AC & DC & USBなど5WAY出力 正弦波 家庭用蓄電池 LCD大画面表示 キャンプ 防災グッズ 停電時に

 

などをケースの中に入れておけばいいかもしれませんね。

 

もちろんバイクだけではなく車など車中泊にも応用できるので是非参考にしてみてください。